美白肌で若返りデトックス体験ブログ

美白でアンチエイジングデトックス情報

美白でアンチエイジングデトックス情報です。

記事一覧

食事内容
健康のコツ:肉食を減らそう! 昨日の続きです。 今日は、肉食を減らしましょうです。 肉食が多いと、便秘になりやすくなります。 そして肌にもよくないです。 カロリーも高いので太りやすくなります。 コレステロールも上がって 生活習慣病もかかりや

記事を読む

食事内容
健康のコツ: 精白していないものを食べよう!  今日から効果的な食事内容についてみていきます。 まず、精白していない穀物や糖がおすすめです。 特に砂糖は急激に血糖値があがり、 そこで、すい臓からインスリンがでてきて 血糖値を急いで下げてくれます。

記事を読む

2食実践のコツ
1日2食のコツ:自分をほめる うまくいったら、自分をたくさんほめてあげましょう。 毎日、できたら、ほめましょう。 「今日もうまくいったね。よし、この調子!」 など・・・ ただ、うまくいかなくても・・・ 自分を責めないでください。 うまくいかなか

記事を読む

2食実践のコツ
2食のコツ:できるところから やはり、いきなり間食もやめて 1日2回に食べるのを減らすと ストレスたまったりします。 ストレスたまるとよくないので まずは、できるところから はじめてみましょう。 そして少しずつ2食へ向けて シフトしていけば無理な

記事を読む

2食実践のコツ
2食のコツ:食事時間について 2食にする・・・ どんな2食があるでしょうか? よく本で書いてあるのは、 朝を水分だけにして、昼と夜を普通に食べるというものです。 そして寝る前3時間以上は、何も食べない。 水分だけにするということが書かれています。

記事を読む

健康のコツ:肉食を減らそう!

健康のコツ:肉食を減らそう!

昨日の続きです。

今日は、肉食を減らしましょうです。

肉食が多いと、便秘になりやすくなります。

そして肌にもよくないです。

カロリーも高いので太りやすくなります。

コレステロールも上がって

生活習慣病もかかりやすくなります。

まず今の半分の量に減らしてみましょう。

代わりに、大豆食品、豆腐や、納豆を食べましょう。
野菜をたくさん食べましょう。

わたしは、お肉は、1週間に1〜2回くらいに

減らしています。

おかげでお肌の調子もよくて、ダイエットにも効果的です。

次回は、「2食のコツ:野菜を食べよう!」です。

みなさん、今日もありがとう!

人気ブログランキングに参加しています。
クリックの応援もよろしくお願いします!

無料メルマガ「愛でいっぱいの生き方・幸せ自由人になる方法」を発行しています。
この中で、2食健康法の経験談も書いています。
興味がある方は、こちらをクリックしてみてください
 関連記事
 カテゴリ
 タグ

健康のコツ: 精白していないものを食べよう!

健康のコツ: 精白していないものを食べよう! 

今日から効果的な食事内容についてみていきます。

まず、精白していない穀物や糖がおすすめです。

特に砂糖は急激に血糖値があがり、
そこで、すい臓からインスリンがでてきて
血糖値を急いで下げてくれます。
するとまた砂糖(甘いもの)がほしくなります。

非常に体内が不安定になるのです。
悪循環が生まれます。
イライラしたり、体調が悪くなります。

砂糖は、なるべく使わないようにしましょう。

精製していない、黒砂糖や、てんさい糖
メープルシロップや、はちみつなどを
少量用いましょう。

精製されていないので、体内への吸収速度が
遅いのです。ミネラルなども入っています。
だから、精製されていない方が体に優しいのです。

わたしは、いつも黒砂糖を少量使っています。

もちろん、どれも使いすぎると体によくないですが^^

お米も、なるべく精製されていない玄米を食べましょう。

玄米は、ミネラルや、食物繊維も入っていて
健康にとてもよいです。
デトックス作用もあります。
よくかめば、胃腸にも大丈夫です。

胃腸が弱い人は、玄米クリームにすると
もっと消化もよくておすすめです。

わたしは、玄米を普通に炊いて、
もちきびや、黒米を時々入れて
楽しんでいます。
以外においしいです。

どうしても玄米が苦手な方は
白米に雑穀を入れたり、
発芽玄米を加えたりしてみてください。

明日は、2食のコツ:肉食を減らそう!です。

みなさん、今日もありがとう!

人気ブログランキングに参加しています。
クリックの応援もよろしくお願いします!

無料メルマガ「愛でいっぱいの生き方・幸せ自由人になる方法」を発行しています。
この中で、2食健康法の経験談も書いています。
興味がある方は、こちらをクリックしてみてください






 関連記事
 カテゴリ
 タグ

2食のコツ:自分をほめる 5

1日2食のコツ:自分をほめる

うまくいったら、自分をたくさんほめてあげましょう。

毎日、できたら、ほめましょう。

「今日もうまくいったね。よし、この調子!」
など・・・

ただ、うまくいかなくても・・・
自分を責めないでください。

うまくいかなかった原因を考えて工夫して
次からは、うまくいくように再チャレンジします。

ちょっとずつ、食べる量を減らせば大丈夫です。

ポイントは、ジャンクフードや、甘いジュース
甘い缶コーヒーなどをおうちの中に置かないことです。

そばにあると誘惑に負けて
食べてしまいたくなります。

デザートは手作りするとか決めるとうまくいきます。

そして、ちゃんと2食にできた日は
思いっきり自分をほめましょう!

70点でいいのです。
最初から完璧はめざさないで
体の声に耳をすませてみて・・・

きっと空腹感を味わうことを喜んでいるのが
わかると思います。

今の日本は、食べ物が多すぎて、みんな食べ過ぎて
そして肥満になり、病気になっています。

1日2食に減らしても
食べる喜びは減りません。
むしろ食べることができる幸せを強く感じます。

そして体調もよくなり、体も軽く
疲れにくくなって・・・
最高の気分になります^^

間食しそうになったら・・・
食べなかったらどんなにいいことがあるかを
思い出しましょう。

そして、食べなかった自分を
ほめましょう!

ずっとうまくいっていたら、
たまには、自分にごほうびをあげましょう。
どんなごほうびが自分は喜ぶのかな?
考えておくのも楽しいです。

そうすることでまた、この健康法を
続けようという気持ちがわいてきます。

どんなによいことも
継続してこそ結果がでます。

だから、出来た自分をほめて認めて・・・
ますます、美しく、健康になりましょう!

明日は、2食のコツ: 効果的な食事内容 です。

みなさん、今日もありがとう!

人気ブログランキングに参加しています。
クリックの応援もよろしくお願いします!

無料メルマガ「愛でいっぱいの生き方」を発行しています。
この中で、2食健康法の経験談も書いています。
興味がある方は、こちらをクリックしてみてください
 関連記事
 カテゴリ
 タグ

2食のコツ:できるところから

2食のコツ:できるところから

やはり、いきなり間食もやめて
1日2回に食べるのを減らすと
ストレスたまったりします。

ストレスたまるとよくないので

まずは、できるところから
はじめてみましょう。

そして少しずつ2食へ向けて
シフトしていけば無理なく継続できます。

まずは、間食をやめてみましょう。
甘いものは、食後に食べましょう。

わたしも、はじめは、間食をやめて
約2ヶ月くらいは
朝ごはんの代わりに、フルーツや野菜を
食べていました。
フルーツや野菜は消化に負担がかからないので
胃腸に負担がかかりません。
だから2食に移行するまでは
この方法でおなかを満足させていました。

だんだん、ジュースなどに代えて
水分たっぷりにしていきます。

はじめは、マニュアル通りの昼食と夕食でした。
途中から、10時と15時くらいの食事に変わり
今では、朝ごはんを7時半くらいに
昼ごはんを2時くらいに食べています。
夕食は食べていません^^
ただハーブティーや水分はたっぷりととっています。
そしてどうしてもおなかすく時は
果物を少しだけ食べることもあります。

早く寝るのでだいたい大丈夫です^^

100点はめざさず、70点くらいを目標にしましょう。
つづけることが大事なので^^
途中で食べてしまう日があっても大丈夫。
またチャレンジしなおせばよいのです。

働いていて平日が難しいのなら・・・
はじめは週末だけ、チャレンジしてみてもよいと
思います。

気長に続けてやがて習慣になるように・・・
していきましょう。

どうしても食べたい時は、気分転換してみるのも
楽しいかもです。

美しく、若々しい自分をイメージして
にっこりほほえんで・・・
自分のペースで続けましょう。

大事なのは、まず、はじめてみること です!

明日は、2食のコツ:自分をほめる です^^

みなさん、今日もありがとう。

人気ブログランキングに参加しています。
クリックの応援もよろしくお願いします!

無料メルマガ「愛でいっぱいの生き方・幸せな自由人になる方法」も発行しています。
この中で我が家の2食健康法の経験談も書いています。
興味がある方は、こちらをクリックしてみてください。

 関連記事
 カテゴリ
 タグ

2食のコツ:食事時間について5

2食のコツ:食事時間について

2食にする・・・
どんな2食があるでしょうか?

よく本で書いてあるのは、
朝を水分だけにして、昼と夜を普通に食べるというものです。
そして寝る前3時間以上は、何も食べない。
水分だけにするということが書かれています。

これがノーマルな形のようですが、
朝と昼でも、おやつの時間(10時と15時くらい)でも
大丈夫です。
いろいろ実験しました^^

連続で約18時間くらいの空腹時間が作れれば、
排泄の方にエネルギーがいくので大丈夫なようです。

2食健康法とは、毎日18時間断食をしているようなものです。
空腹な時間には、水分をたっぷりと摂ります。
1日に2Lくらいの水分を摂りましょう。

我が家では、今、夕食を食べていません。
つまり朝と昼の2食です。
これは、我が家が朝型だから自然にこうなりました。
6時ごろ起きて、22時ごろに寝ます。

夕飯は食べなくても大丈夫なのです。
おなかがすいてきたら、水分をとります。
ハーブティーや、お水など。
入浴後に、トマトジュースや、ノニジュースを
飲んだりもします。

すると、朝、目覚めとともに、1回目の排泄があります。
(これは、胃腸が休んでいる間にエネルギーが排泄の方にいくからスムーズな排泄が起こるのでしょう。)

朝ごはんは、7時半くらいに食べますが
そのあとも2回めの排泄がおこります。

だから、便秘とは無縁の生活です。
いつもすっきりさわやかな気分です。
玄米と野菜が中心の食生活だからもあるでしょう。

自分のライフスタイルに合った2食健康法を
いろいろ試してみるのも楽しいですね。

まずは、できそうなところから、
夜型の人は、昼食と夕食の2回がおすすめです。
ただ、寝る直前に食べるのは、胃腸に負担がかかって
ぐっすり眠れないのでやめましょう。

どのパターンもポイントは、間食は摂らないことです。
おやつは食後のデザートに少しだけ食べましょう。

明日は、2食実践のコツ:できるところからです。
無理なく実践できるコツをみていきましょう。

みなさん、今日もありがとう。

人気ブログランキングに参加しています。
クリックの応援もよろしくお願いします!

無料メルマガ「愛でいっぱいの生き方・幸せな自由人になる方法」も発行しています。
この中で我が家の2食健康法の経験談も書いています。
興味がある方は、こちらをクリックしてみてください。
 関連記事
 カテゴリ
 タグ
糖尿病・更年期・貧血など!血液サラサラ
糖尿病
プロフィール
記事検索
Categories
人気blogランキングへ







Copyright © 美白肌で若返りデトックス体験ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ