2食のコツ:食事時間について

2食にする・・・
どんな2食があるでしょうか?

よく本で書いてあるのは、
朝を水分だけにして、昼と夜を普通に食べるというものです。
そして寝る前3時間以上は、何も食べない。
水分だけにするということが書かれています。

これがノーマルな形のようですが、
朝と昼でも、おやつの時間(10時と15時くらい)でも
大丈夫です。
いろいろ実験しました^^

連続で約18時間くらいの空腹時間が作れれば、
排泄の方にエネルギーがいくので大丈夫なようです。

2食健康法とは、毎日18時間断食をしているようなものです。
空腹な時間には、水分をたっぷりと摂ります。
1日に2Lくらいの水分を摂りましょう。

我が家では、今、夕食を食べていません。
つまり朝と昼の2食です。
これは、我が家が朝型だから自然にこうなりました。
6時ごろ起きて、22時ごろに寝ます。

夕飯は食べなくても大丈夫なのです。
おなかがすいてきたら、水分をとります。
ハーブティーや、お水など。
入浴後に、トマトジュースや、ノニジュースを
飲んだりもします。

すると、朝、目覚めとともに、1回目の排泄があります。
(これは、胃腸が休んでいる間にエネルギーが排泄の方にいくからスムーズな排泄が起こるのでしょう。)

朝ごはんは、7時半くらいに食べますが
そのあとも2回めの排泄がおこります。

だから、便秘とは無縁の生活です。
いつもすっきりさわやかな気分です。
玄米と野菜が中心の食生活だからもあるでしょう。

自分のライフスタイルに合った2食健康法を
いろいろ試してみるのも楽しいですね。

まずは、できそうなところから、
夜型の人は、昼食と夕食の2回がおすすめです。
ただ、寝る直前に食べるのは、胃腸に負担がかかって
ぐっすり眠れないのでやめましょう。

どのパターンもポイントは、間食は摂らないことです。
おやつは食後のデザートに少しだけ食べましょう。

明日は、2食実践のコツ:できるところからです。
無理なく実践できるコツをみていきましょう。

みなさん、今日もありがとう。

人気ブログランキングに参加しています。
クリックの応援もよろしくお願いします!

無料メルマガ「愛でいっぱいの生き方・幸せな自由人になる方法」も発行しています。
この中で我が家の2食健康法の経験談も書いています。
興味がある方は、こちらをクリックしてみてください。
 カテゴリ
 タグ