アトピー肌の改善方法についてです。

私は子どもの頃から肌が弱く、
アトピーを持っています。
胃も弱いので食べ物が悪いとすぐ肌荒れを起こし、
ヘルペスができることもありました。

思春期のときはどうして自分だけ
こんなに肌が汚いのかとかなり悩んでいました。

でも今は自分なりに生活習慣や食生活を見直して
かなり体質改善できています。
今回は私が実践していることを紹介します。

一番基本になるのは肌を作っている食事の改善です。
1:甘いお菓子を食べない
大好きなので食べたいときもありますが、
甘いものがほしいときは果物や手作りのお菓子を食べています。
胃が弱い場合は特にケーキやチョコレート、アイスクリームは
やめましょう。

2:油ものを控える
天ぷらやカツ、フライドポテトなど油脂の多いものは
ニキビやアトピーに悪いので控えましょう。
オリーブオイルを一日大さじ1杯くらい摂取するのが望ましいです。

3:刺激が強いものや加工食品に注意する
香辛料がたくさん入った激辛の食品や
マーガリンやショートニングが入ったお菓子は食べないようにしましょう。

4:腸内環境をよくする食事をとる
便秘や軟便など腸内環境が悪くなると老廃物が体内へ溜まってしまい、
アトピーなどトラブルのもとになります。
なので食事では食物繊維やミネラル、ビタミンはもちろん、
良質なたんぱく質と脂質、炭水化物を摂るようにしましょう。
とはいえ、食事に気を付けるのは結構大変ですね。
私は優光泉ドリンクを飲んで消化吸収を助けてもらっています。
おかげで今では少し丈夫になりました!

次は美容面です。
5:肌に関するものはすべて無添加にする
シャンプーリンス、石鹸はもちろん、
洗濯用洗剤や食器用洗剤もです。
合成界面活性剤はアトピーによくありません。
洋服やタオルなど肌に触るものもポリエステルではなく、
綿素材にしましょう。

最後は環境面です。
6:空気をきれいにする
湿度が高くなりすぎないように、
充分な換気をします。
ダニが繁殖しやすいので床にカーペットはしきません。

こんなにいろいろと気を付けていますが、
適度にストレス発散もしていますよ。
ストレスが溜まると対策も逆効果ですからね。

そしてかゆみを改善する保湿スキンケアには
みんなの肌潤糖
気に入って使っています。

アトピー肌ように開発されているもので
無添加でお肌にやさしいんです。
ずっと使っているとアトピーの痛痒さや
肌荒れがなくなってきました♪
無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
昔と比べて肌がきれいだと毎日が楽しくて仕方ないです。